国連総会、147カ国賛成で日本提出の核廃絶決議を採択 29年連続

有料記事

ニューヨーク=遠田寛生
[PR]

 日本政府が提出した核兵器廃絶決議が7日、193カ国で構成される国連総会で採択された。核兵器保有国である米国や英国、フランスを含む147カ国が賛成した。

 中国、北朝鮮、ニカラグア、ロシア、シリア南アフリカの6カ国が反対。27カ国が棄権し、13カ国は投票しなかった。

 同種の決議の採択は29年連続。投票しない国が昨年より増えたため、賛成は昨年と比べて11カ国減った。

 決議では「核兵器のない世界…

この記事は有料記事です。残り219文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
  • commentatorHeader
    駒木明義
    (朝日新聞論説委員=ロシア、国際関係)
    2022年12月8日14時11分 投稿
    【視点】

    147カ国という賛成数は、ロシアによるウクライナ4州の「編入」を違法、無効として非難する10月12日の決議(賛成143) や、ロシアにウクライナからの即時撤退を求める3月2日の決議(賛成141)よりも多いですね。 反対した国の顔ぶれは、以