「あほなこと考えてたらあかんぞ」 市議に辞職勧告決議、長浜市議会

藤井匠
[PR]

 滋賀県長浜市議会は7日、侮辱的な発言や威圧的な言動で市職員の答弁を阻害したなどとして、押谷与茂嗣(よもつぐ)市議(74)に対する辞職勧告決議案を全会一致で可決した。

 決議では、押谷市議が9月定例議会予算常任委員会総務教育分科会で、威圧的な言動などで答弁を阻害したのは議会秩序の保持に反する行為と指摘。報道などで言動が取り上げられたとして、「規範意識の欠如に起因するもので、市議会に対する市民の信頼を著しく失墜させ、議会運営にも支障を生じさせ、断じて許されない」と批判している。

 決議に法的拘束力はない。可決後、押谷市議は議場で陳謝した上で「信頼回復に努めたい」などと述べた。

 押谷市議への厳格な対処を求め、市が市議会に出した申入書によると、市議は職員に「あほなこと考えてたらあかんぞ、お前ら」などと発言した。(藤井匠)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント