ボウリング場のピンセッターに挟まれ重体 詰まったピン除く作業中

[PR]

 兵庫県西宮市室川町のボウリング場「E―BOWLトマト西宮」で7日午後7時55分ごろ、ボウリングピンを自動でセットする機械(ピンセッター)に契約社員の男性従業員(41)が上半身を挟まれているのが見つかった。男性は上半身を圧迫されており、意識不明の重体。

 西宮署によると、30あるレーンの一つでピンが詰まっていると、アルバイト従業員がこの男性に報告。男性はピンが詰まったレーンの電源を切ったうえで、レーン側から手動でピンを取り除く作業をしていた。

 男性が戻ってこないのを不審に思ったアルバイト従業員が様子を見に行き、挟まれているのを見つけた。店員らが助け出し、119番通報したという。

 店によると、当時は営業中で約20人の客がいた。事故を受け、8日は臨時休業にしている。

 現場はJR西宮駅の北約1・2キロ。国道171号沿いのスーパーなどが入った建物の3階にボウリング場が入っている。

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント