ビールの泡はなぜ消えないの? カギは、麦芽のたんぱく質と苦み成分

有料記事

[PR]

兵庫県・井上透さん(69)からの質問

ののちゃんは、朝日新聞に連載されている漫画の主人公で、小学3年生。学級担任の藤原先生を相手に、身の回りの不思議を質問します。聞いてほしい疑問はこちらへ。science@asahi.comメールする

 ののちゃん このあいだ親類のお祝いの席があって大人がビールを飲んでいたんだけど、グラスにきめ細かい泡ができる場合と、泡がすぐに消える場合があったよ。どうして?

 藤原先生 ビールそのものの性質と、注ぎ方が関係しているよ。まず、ビールの泡の正体は、ビールに溶け込んでいる二酸化炭素。二酸化炭素は、ビールを造るときに微生物のはたらきでできるんだよ。

 のの 微生物? どういうこと?

 先生 ビールの原料は、麦芽(芽が出た麦。モルトとも呼ぶ)、ホップ(アサ科のツル性の植物)、水など。さらに、ビール酵母という微生物が必要なんだ。

 のの ふーん。

 先生 ビール造りではまず…

この記事は有料記事です。残り929文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント