全国唯一の「特定危険指定暴力団」 工藤会への指定、10回目の延長

有料記事

[PR]

 全国で唯一「特定危険指定暴力団」に指定されている工藤会(本部・北九州市)について、福岡県公安委員会は8日、指定の延長を決めた。暴力団対策法に基づく措置で、期間は27日から1年間。2012年の初指定以降、延長は10回目になる。

 福岡県警によると、工藤会はトップの死刑判決や組員の減少などで弱体化が進む一方、暴力的な要求行為が続くなどしており、延長の必要があると判断された。

 「特定危険」は、市民や企業を危険にさらす暴力団を取り締まる新制度として、12年に暴力団対策法が改正され、指定が始まった。

 指定されると、北九州市や福岡市などの警戒区域内で、組員によるみかじめ料の要求など27の暴力的要求行為に対し、中止命令を経ずに逮捕できる。

 また、不当要求を目的とした面会を求めたり、電話やメール、住居や会社周辺をうろついたりすることも禁止でき、事務所の使用を制限することもできる。

工藤会をめぐる動きと関与が疑われている主な事件

1998年2月 北九州市小倉…

この続きは朝日新聞デジタル会員限定です。残り469文字

1カ月間無料の「お試し体験」で記事の続きを読んでみませんか?

1カ月間無料 お試し体験

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

すでに有料会員の方はログインして続きを読む
【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント