強まる工藤会包囲網 トップに死刑判決でも…危機感抱く警察の狙い

有料記事

[PR]

 工藤会(本部・北九州市)が2012年12月に特定危険指定暴力団に指定されて以降、構成員や準構成員の人数は減少している。

 2008年の1210人をピークに、21年は約3割の370人にまで縮小。北九州市小倉北区にあった本部事務所は20年に解体され、その後も工藤会系事務所の使用制限が繰り返されている。

 しかし、工藤会が市民や企業を狙ったと疑われる事件の爪痕は大きい。

死刑判決でも影響薄れず 「警察は威信をかけて」

 1998年に小倉北区で元漁…

この記事は有料記事です。残り1175文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント