「差別はしていない」「つたない表現」 杉田水脈政務官が改めて答弁

有料記事自民

塩入彩
[PR]

 性的少数者らに関する発言の一部を撤回した杉田水脈(みお)総務政務官は8日の参院法務委員会で、「私のつたない表現で差別をしたかのように伝わってしまった」「私は差別をしておりません」などと答弁し、自身の発言が差別ではないとの認識を改めて示した。また、問題が指摘されているその他の発言の撤回については、「できるだけ時間をかけずに適切に対応したい」と述べた。

 立憲民主党石川大我議員への答弁。杉田氏は、2日の参院予算委員会で、月刊誌で子どもをつくらない同性カップルは「生産性がない」と評したことと、ブログに書き込んだ「チマチョゴリやアイヌの民族衣装のコスプレおばさん」との表現について撤回した。

 このことについて杉田氏は8日、「差別はあってはならないと従来考えていた。私のつたない表現で差別したかのように伝わってしまったことを重く受け止め、おわびし、取り消しをさせていただいた」と説明した。

当事者への直接謝罪は否定

 石川氏が「『差別をしたかの…

この記事は有料記事です。残り564文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント