石川啄木の故郷を一望「言ふことなし」 恋に夢中になったあの街角も

有料記事

文・杉村和将 写真・山谷勉
[PR]

 腕組みをして、じっと目を閉じている。写真に残るイメージより少し痩せているように見える。故郷の風景を見渡す丘の上に立ち、石川啄木は心に何を思い浮かべているのだろうか。

 連なる山々に岩手山がひときわ大きくそびえる。眼下には市街地が広がり、北上川が蛇行してゆく。

 山も川も、人々の営みも一望できる盛岡市の岩山公園。この標高340メートルの丘には、石川啄木の歌碑が並ぶ小道があり、等身大のブロンズ像が立つ。

 ふるさとの山に向ひて

 言ふことなし

 ふるさとの山はありがたきかな

 歌の中の山は岩手山とも姫神山ともいわれる。両方を望む丘で啄木の胸に去来するのはどんな風景なのだろう。

 「いいことも嫌なことも思い浮かべているような感じがいたします」

 そう語るのは石川啄木記念館(盛岡市)元学芸員の山本玲子さん(65)。

記事後半では、地元で人気のグルメスポット紹介や会員登録すると応募できるプレゼントもあります。12月18日(日)締め切り。

 故郷の渋民村(現・盛岡市渋…

この記事は有料記事です。残り918文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント