ウーバー、中労委に再審査申立 配達員との団体交渉命じた決定めぐり

編集委員・沢路毅彦
[PR]

 飲食配達代行業ウーバーイーツジャパンとウーバージャパンの2社が、配達員の労働組合「ウーバーイーツユニオン」との団体交渉を命じた東京都労働委員会の決定に不服があるとして、中央労働委員会に再審査を申し立てた。7日付。

 都労委は11月25日、配達員が「労働組合法上の労働者」にあたり、団体交渉を求める権利があるという判断を示していた。

 ウーバー側は「都労委の判断は配達パートナーの方々が重視されるフレキシブルで独立した働き方などを十分に考慮しないものであると考えております」などとコメントした。

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント