「偽装IT人材」を雇わないよう…韓国政府が企業に「注意報」

有料記事

ソウル=稲田清英
[PR]

 「国籍などを偽装したIT人材は雇わないように」

 韓国政府が8日、韓国企業に注意喚起した。「偽装したIT人材」とは、北朝鮮が身分を偽装して世界各地に派遣し、アプリ開発などしているとみられる技術者のことだ。獲得した資金が核・ミサイル開発に転用されるのを防ぐためという。

 韓国の外交省や国家情報院、統一省、雇用労働省、警察庁などが連名で出した「合同注意報」では、「国籍や身分を偽装した北朝鮮のIT人材と雇用や業務の契約を結ばないよう、注意と身元確認の強化を要請する」とされている。

 韓国政府によると、北朝鮮は…

この記事は有料記事です。残り389文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント