「有難う、いづれまた」 引き出し裏に開戦前後の墨書、残した思いは

有料記事

古庄暢
[PR]

 押し入れを整理していて見つけた、古い小さな鏡台。手入れをするため、四つの引き出しを抜き取ると、その裏や側面には墨で文字が書かれていた。

 「中浜定七さん 有難う 松子さん いづれまた 雄滝さん 御氣嫌よう」

 「決戰体制」

 青森県の大鰐温泉郷にある老舗旅館「ヤマニ仙遊館」の5代目当主、菊池啓介さん(56)は11月下旬、この墨書に気づき、「なぜ、こんなところに?」と驚いた。

 文字には、日付やイニシャルも添えてあった。

 「2601.1.10.K.N.」

 「2601 12.22―23」

 戦前に使われていた皇紀とみ…

この記事は有料記事です。残り839文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント