基幹労連、賃金改善「月3500円以上」要求へ 来年の春闘

有料記事

三浦惇平
[PR]

 鉄鋼や造船、重機などの労働組合でつくる基幹労連(組合員数約27万人)は8日に開いた会合で、来年の春闘の方針案を示した。賃金体系を底上げするベースアップなどの賃金改善は、「月3500円以上」を要求するとした。

 基幹労連は春闘の要求内容を…

この記事は有料記事です。残り223文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント