産経新聞に22万円の賠償命令 辺野古での反対運動めぐり名誉毀損

村上友里
[PR]

 沖縄県名護市辺野古米軍基地建設への反対運動中に逮捕された猪股東吾さん(40)が、産経新聞のネット記事で名誉を傷つけられたとして、産経新聞社に110万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が8日、東京地裁(飛沢知行裁判長)であった。判決は名誉毀損(きそん)を認め、同社に22万円の支払いを命じた。

 猪股さんは「大袈裟太郎」の名前で活動。産経は2017年11月の記事で、第三者のネット投稿を引用する形で「辺野古でも暴力の限りを尽くし」「相手が無抵抗だと罵声を吐いて挑発し揚げ足をとり、いざ検挙となると急に縮み上がって主張を引っ込める小心者」などと書いた。

 判決は、猪股さんが直接的な暴力に及んだり、建設反対の主張を撤回したりしたことを裏付ける証拠はなく、「真実性の証明があったとは認められない」と判断した。

 産経側は「ネット上で(猪股さんについての)意見やコメントが述べられた事実を書いたに過ぎない」とも主張したが、判決は「その内容が事実であるかどうかを留保する記載もなかった」と退けた。

「反対運動をする人への悪意問う」

 判決後、猪股さんは会見で「勝訴し、うれしく思っている。沖縄の反対運動をする人に向けられた悪意、印象操作を問う意味合いもあった」と話した。

 産経新聞社は「主張が受け入れられず残念。判決を精査し、今後の対応を検討する」との談話を出した。(村上友里)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント