• アピタル

がん診断の登録数、21年はコロナ前水準に 乳がん・膵臓がんは増加

有料記事

後藤一也
[PR]

 2021年にがんと診断された人は、新型コロナウイルス流行前の18、19年の平均と比べ1%増えた、と国立がん研究センターが発表した。20年は新型コロナによる受診控えなどで4%減だったが、コロナ前の水準に戻った。

 がんは日本人の2人に1人がなり、高齢化の影響などで年々増えているとされる。21年はコロナ前と同程度の水準に戻ったが、受診控えなどの影響は依然残っているとみられ、同センターがん対策研究所の若尾文彦・事業統括は「検診や受診は、不要不急の行為ではない。通常どおり受けて欲しい」と呼びかける。発表は9日付。

 同センターは、全国449カ所のがん診療連携拠点病院と、6カ所の小児がん拠点病院の「院内がん登録」で、新たにがんと診断され、登録されたデータを調べた。コロナ流行前の18~19年の平均はのべ79万8078人だったが、20年は同76万5044人(18、19年平均比95・9%)に減少。21年は同80万6589人(同101・1%)だった。

 調査では、重複を除いた解析を実施。診断された月別でみると、20年4~5月の最初の緊急事態宣言中は最も患者数が減ったが、21年1~3月の緊急事態宣言中は患者数がコロナ前と変わらず、それ以降は新型コロナ患者が増えても、がんと診断される患者数はコロナ前とあまり変わらなかった。

 部位別にみると、胃がんと喉頭(こうとう)がんの21年の患者数はコロナ前から5%以上減ったままだった。一方、乳がんや膵臓(すいぞう)がん、子宮体がんなどの患者数は5%以上増えた。

 また、診断に至った経緯では…

この記事は有料記事です。残り260文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント