「伝統の日本」「勢いの韓国」絵本文化比べて 千葉市美術館で原画展

有料記事

宮坂奈津
[PR]

 スロバキアの首都、ブラチスラバで開かれる世界最大規模の絵本原画コンクール「ブラチスラバ世界絵本原画展」の出品作が、千葉市美術館(同市中央区)で展示されている。

 テーマは「絵本でひらくアジアの扉―日本と韓国のいま」。同展に1967年の第1回から参加する日本と、この10年で勢いを増す韓国の絵本の世界を、日韓の作家あわせて約30人、200作品を通して知ることができる。同館と朝日新聞社の主催。

 実際の絵本と原画のほか、昨年開催された第28回展の日韓の受賞作家へのインタビューを展示したコーナーもあり、両国の絵本業界の現状を比較しながら学べる。

 第28回展でグランプリに次…

この記事は有料記事です。残り429文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント