吉田喜重さん死去 映画監督「秋津温泉」「エロス+虐殺」

 「秋津温泉」「エロス+虐殺」などの作品で知られる映画監督の吉田喜重(よしだ・よししげ)さんが8日、肺炎のため死去した。89歳だった。葬儀は近親者で行う。喪主は妻で俳優の岡田茉莉子さん。

 福井県に生まれ、55年に東大仏文科を卒業後、松竹大船撮影所に助監督として入社。木下恵介監督に師事し、60年に自らの脚本で無軌道な若者像を描いた「ろくでなし」で監督デビューを果たした。同じ年、作家性の強い映画を世に問うた大島渚篠田正浩監督らとともに「松竹ヌーベルバーグ」と呼ばれた。

 62年の「秋津温泉」は、青年と温泉宿の娘との愛を追うことで、戦後の日本人の歩みを描いた。主演した岡田さんと64年に結婚。松竹を退社後、66年に独立プロダクション現代映画社を設立、70年の「エロス+虐殺」は、アナーキスト大杉栄の半生と70年当時の風俗が時空を超えて重なり合う前衛的な内容で、代表作のひとつとなった。

 2・26事件を扱った「戒厳令」、老人問題を取り上げた「人間の約束」を経て、エミリー・ブロンテの原作を中世日本に移した「嵐が丘」を88年に監督。しばらくブランクがあったが、02年に岡田さんを主演にした「鏡の女たち」を発表し、これが最後の作品となった。

 映画の他に、90年にはフランス・リヨンに招かれてオペラ「蝶々夫人」を演出。神話的解釈や能の要素を取り入れた舞台は92、95年にも再演された。98年には、かつて厳しく批判した小津安二郎作品を論じた著書「小津安二郎の反映画」を発表した。

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント