歌手セリーヌ・ディオンさん、難病「スティッフパーソン症候群」告白

真田嶺
[PR]

 映画「タイタニック」の主題歌などで知られるカナダ人歌手のセリーヌ・ディオンさんは8日、自身のインスタグラム筋肉の硬直などの症状が出る難病「スティッフパーソン症候群」を患っていると公表した。闘病のため、予定されていた来年のツアーを延期にするなどとした。

 ディオンさんは投稿された映像で「100万人に1人ほどが抱える病気。時には歩くことが困難になり、以前のように声帯を使って歌うことができない」と声を震わせながら告白。来年2月に予定していた欧州ツアーが不可能になったと伝えた。今は医療チームとともに、苦しみながらも治療に専念しているという。

 ディオンさんは「私は歌うことしか知らない。人生でずっと歌ってきたし、歌は最も愛していること。回復への道をたどっているという希望を持っています」と語り、「みなさんを愛していますし、すぐに会えることを本当に願っています」とファンにメッセージを送った。(真田嶺)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント