レクサスなど146台盗んだ疑い 一見ガラケーの道具でエンジン始動

有料記事

黒田早織
[PR]

 近畿2府4県などで乗用車を盗んだとして、兵庫県警大阪府豊中市の男(47)を窃盗の疑いで逮捕し、9日に追送検したことが、捜査関係者への取材で分かった。盗まれた車は追送検分を含め計146台、被害総額は約4億7千万円に上るという。

 男は無職の井上建吾容疑者で、2台分についてすでに起訴されている。起訴状などによると、何者かと共謀して昨年10月と今年5月、神戸市兵庫県尼崎市の駐車場でプリウス計2台を盗んだとされる。

 捜査関係者によると、井上容疑者は追送検分の144台の窃盗を含め、容疑を全て認めているという。被害車両はプリウス50台、レクサス48台、クラウン23台、アルファード12台などトヨタの人気車が中心だ。

 県警によると、窃盗に主に使…

この記事は有料記事です。残り226文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント