欧州サッカーで戦う選手のサポート、医療面は特に必要 藤田俊哉さん

有料記事森保ジャパン

聞き手・照屋健
[PR]

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会で、日本代表は目標のベスト8以上には届かなかったものの、2大会連続で16強入りした。今回、メンバー26人のうち19人を占め、チームを支えた海外組について、どうとらえているのか。元日本代表でオランダでのコーチ経験があり、日本サッカー協会の欧州駐在スタッフも務めた藤田俊哉さん(51)=現・磐田スポーツダイレクター=に語ってもらった。

「選手たちが口にする課題はメディカル

 ロシア大会が終わった2018年から、欧州でのサポート計画に関わりました。僕自身は14年からオランダに渡り、クラブ関係者や選手とコミュニケーションをとってきましたが、代表の強化には、個々の選手の活躍だけでなく、欧州での日本サッカーの存在感を高める必要があると感じていました。

 当時オランダにいた板倉滉堂安律ベルギー伊東純也……。今大会の代表メンバーとも話し合いました。

 クラブでの練習環境はそれぞ…

この記事は有料記事です。残り1027文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
サッカーワールドカップ

サッカーワールドカップ

日本代表の試合結果や海外の注目選手まで、ワールドカップのニュースや情報をお伝えします。[記事一覧へ]