ネットやスマホ充電求めるウクライナ市民ら テントに発電機設置

有料記事

関田航
【動画】キーウ近郊ビシェホロドに設置された「不屈センター」=関田航撮影
[PR]

 ロシア軍による電力施設へのミサイル攻撃が断続的に続き、電力不足に陥っているウクライナで、政府が設置した「不屈センター」に、連日多くの市民が訪れている。同センターは発電機を備えたテントで、スマートフォンなどの電子機器の充電や、温かい飲み物を自由に飲むことができる。ウクライナのほぼ全域に4千カ所以上設置されている。

 11月末、同月23日にロシア軍のミサイルが着弾し、現在も断続的に停電が続くキーウ近郊ビシェホロド中心部にある同センターを訪れた。屋外は零下まで冷え込むこともあるが、内部は空調がきき暖かく、デジタルカメラのレンズが結露で曇るほど。無線ランでインターネットが使用でき、ネット経由で電話する市民や、暖を取りに来た子どもたちでにぎやかだった。

 同センターを管轄するウクラ…

この記事は有料記事です。残り251文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント