防衛省、「なりふり構わぬ」PR強化 若者向け演奏、パレードも

有料記事

成沢解語
[PR]

 防衛力の「抜本的強化」に向けた議論が進む中、防衛省が広報活動を強化している。若い世代にアピールして人材確保につなげ、理解を広げることで防衛費の増額議論を後押ししたい思惑もある。

 「先輩方もしっかり指導していただけますし、就職先として考えていただけたらうれしい」

 「長期休暇は取れています。帰省できた時に地元に帰って家族とゆっくり過ごしています」

 11月18日夕、東京都千代田区日本武道館。自衛隊の活動を紹介する防衛省主催の「自衛隊音楽まつり」の開演前、若い女性自衛官が仕事内容ややりがい、息抜き方法を語る動画がスクリーンで流された。「教えて先輩 Q&A」と題し、自衛隊の活動を知ってもらい、若者に興味を持ってもらうための映像だ。

 音楽まつりは56回目。防衛省関係者によると、例年は国会議員や関係国の大使らに招待枠を広げていたが、今年は浜田靖一防衛相の意向で公募枠を増やし、一般人を多く入れる仕組みにしたという。

 各隊は人気アニメ「鬼滅の刃」の主題歌や大ヒット映画のテーマ「トップガン・アンセム」、森山直太朗さんの「さくら」などを演奏。高校生や保護者らを招いた前日のリハーサル公演には若者に人気の音楽グループ「EXILE」の派生ユニットがサプライズ出演する一幕も。自衛隊関係者は「若者向けの曲目が多いのは、自衛官のなり手の青少年がターゲットだからだ」と話す。

登山家、将棋棋士、落語家… オピニオンリーダーに任命

 防衛省は近年、特に若者へのアピールを強めている。SNSの多数のアカウントを駆使し、登山家の野口健さんや将棋棋士の羽生善治さん、落語家の林家三平さんら26人を「防衛省オピニオンリーダー」に任命したり、自衛隊を紹介するテレビ番組や隊員を主人公としたドラマに協力したりしている。

 自衛隊は発足当初から憲法と…

この記事は有料記事です。残り954文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント