受刑者に暴行、名古屋地検が捜査へ 刑務官22人、問題行為が常態化

有料記事

田内康介
[PR]

 斎藤健法相は9日に臨時会見を開き、名古屋刑務所(愛知県みよし市)で、22人の刑務官が3人の受刑者に対し、顔をたたいたり、アルコールスプレーを顔に噴射したりする暴行を繰り返していたと発表した。刑務所内で暴行が常態化していたことになり、法務省はさらに調査を進めるほか、名古屋地検が捜査に乗り出す方針だ。

 斎藤氏は「改善更生に向けて尽力すべき刑務官がこのような行為に及んでいたことは断じて許されず、極めて遺憾だ」と謝罪した。有識者による検討会を立ち上げて原因を調査するとともに、全国の刑務所で同様の事案がないかも調べ、再発防止策を講じるという。

 法務省によると、22人の刑務官は受刑者と接する処遇部門に所属する男性で、20代が17人、30代5人。16人は採用3年未満で幹部は含まれず、最も高い階級は看守部長だという。

 22人は2021年11月上旬~今年8月下旬、40代、50代、60代の男性受刑者3人に、顔や手をたたく▽コロナ対策のアルコールスプレーを顔に噴射する▽尻をサンダルでたたく▽胸や腕を手で押す▽部屋に食器を投げ入れる――といった行為を繰り返していた。

 一連の行為は、主に受刑者の部屋で個別に行われていた。現時点で複数人による組織的な暴行は確認されておらず、幹部職員も気づいていなかったという。

約20年前、受刑者の肛門に消防ホースで放水して死亡させた名古屋刑務所で、また不祥事が起きました。今年の6月には、刑罰の目的を『懲らしめ」から「立ち直り」に転換する「拘禁刑」が創設されたばかり。刑務所の実態は変わっていないのでしょうか。

 8月下旬、60代の受刑者が…

この記事は有料記事です。残り1254文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント