用水路に浮いたサンダル、のぞいた先に高齢男性 通学途中の高校生は

吉村駿
[PR]

 【群馬】いつもと変わらない通学路のはずだった。

 11月1日午前6時45分ごろ、高崎市の高校2年、東野此花(このか)さん(16)は、自転車で家を出た。通学路をこぐことわずか1分ほど。ふと田んぼ沿いの用水路に目をやると、1足のサンダルがぷかぷかと浮いていた。

 この日の最低気温は10度ほど。「こんな寒い日に誰かいるのかな」。そっと用水路をのぞいてみた。するとサンダルのそばに、80代の男性が横たわっていた。

 体の半分が水につかっており、裸足の状態。「用水路に落ちて、サンダルが脱げたのか」。助けなければ、と思った。

 「大丈夫ですか」と声をかけたが反応は全く無い。男性の体は重く、引き上げることもできなかった。「助けて」と何度も叫んだ。そのとき、そばをトラックが通りかかった。

 東野さんは道の真ん中に立ち、トラックを止めた。運転手の男性と、集まった近隣住民が男性を引き上げ、消防に通報してくれた。

 東野さんは消防が駆けつけるまでの間、着ていたジャンパーを男性にかぶせてあげた。服がずぶぬれで寒そうだったからだ。男性は呼びかけに反応することなく、救急搬送されていった。

 1限目の授業には遅刻した。男性のことが気になり、授業内容は耳に入らなかった。帰宅後、父から男性の命に別条がなかったことを聞いた。ようやく気持ちが落ち着いた。

 東野さんは今月6日、高崎北署から感謝状を受け取った。「倒れている男性を見て自然と勇気がでた。命が救えて本当によかった」。吉田武署長は「発見が遅れていれば、低体温症で死につながっていたかもしれない。サンダルを見て『おかしいな』と思える機転がすばらしい」とたたえた。(吉村駿)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント