同性婚訴訟原告、本名明かし「自分、取り戻した」 控訴審で意見陳述

有料記事

平岡春人
[PR]

 同性どうしが結婚できないのは憲法に違反するとして、北海道内の同性カップル3組が国に損害賠償を求めた訴訟の控訴審の弁論が13日、札幌高裁(大竹優子裁判長)であった。原告の一人が意見陳述し、思いを吐露した。

 意見陳述したのは中谷衣里さん(31)。両親の同意を得て、9月から本名を明かすことにした。

 「たくさんの回り道を強いられてきました」

 淡々と、あらかじめ準備した意見陳述書を読み上げた。

 パートナーと家を借りようとすると、「同性カップルと明かさず、友だちどうしのルームシェアにして」と説得された。分譲マンションを購入するときは、ペアローンを組めず、一括で買った。

 「住む場所を選ぶという、人…

この記事は有料記事です。残り633文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント