• アピタル

大麻由来のてんかん薬、治験で国内初投与 解禁へ法改正の動きも

有料記事

市野塊
[PR]

 大麻由来の成分を使った医薬品について、英製薬企業の日本法人「GWファーマ」が15日、国内の治験で患者に薬を初投与したと発表した。この薬は海外では「エピディオレックス」と呼ばれて使われている難治性てんかん薬。国内で大麻由来薬が実用化される可能性が出てきた。

 同社によると、治験で対象となる病気は、難治性てんかんのうち、ドラベ症候群、レノックス・ガストー症候群、結節性硬化症の3種。国内に1万~2万人の患者がいると推定される。

 薬には大麻草から抽出した成…

この記事は有料記事です。残り243文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント