札幌五輪の招致イベントを休止、市民の意向も再調査へ 汚職余波で

有料記事

日浦統 松田果穂
冬季五輪招致で札幌市・JOC 全国で再び意向調査の方針 機運醸成は休止=HTB提供
[PR]

 札幌市日本オリンピック委員会(JOC)が20日、2030年冬季五輪パラリンピックの招致プロセスを見直すと発表した。東京五輪汚職を受け、積極的に招致機運を盛り上げる活動は当面休止し、競技運営の透明性・公正性を重視した大会概要案を再度策定する。概要案は23年度の早い時期にまとめたうえで、市民らに招致の賛否を問う意向調査も再度行う方針だ。(日浦統、松田果穂)

 「なりふり構わず、やみくもに突っ走るのではなく、国民の皆さんの不安や不信感を払拭(ふっしょく)することが先決だと考えた」。札幌市の秋元克広市長は都内での記者会見で、招致活動見直しの理由をこう説明した。

 国際オリンピック委員会(IOC)は6日、30年大会の開催地決定の無期限延期を発表。これで「時間的余裕ができた」(秋元氏)ため、市は国民の理解を得るために何が必要かをJOCと協議した。その結論は、「特定の広告代理店にあらゆる業務が集中していることを改めること」(会見したJOCの籾井圭子常務理事)だった。

 背景にあるのが、広告最大手…

この記事は有料記事です。残り1251文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

札幌オリンピック招致

札幌オリンピック招致

札幌市は2030年の冬のオリンピック・パラリンピックの招致を目指しています。招致問題を多角的にお伝えします。[もっと見る]