第2回株主名簿に並ぶ見知らぬ名前 会社が一気に乗っ取られる「群狼戦術」

有料記事

編集委員・堀篭俊材 加藤裕則
[PR]

 大手宝飾品メーカーのナガホリ(東京)の長堀慶太社長(59)宛てに、1通の内容証明付き郵便が届いた。「貴社の臨時株主総会の招集を請求します」

 昨年11月下旬のことだ。差出人はナガホリの大株主である都内の物品販売会社リ・ジェネレーション。業績の不振と女性取締役が一人もいないことなどを問題視し、長堀社長ら同社の役員解任と、新たな役員選任を臨時総会で求める、という内容だった。

長い目の投資でも、目先の利益追求でも、株主であれば平等に扱う「1株1票」は絶対なのか。海外では、「資本の論理」を見直す動きも広がっている。

狙われた企業の疑念

 リ・ジェネ社が大株主になっているとわかったのは4月初め。その直前に株価が急騰し、出来高も膨らんでいた。「嫌な予感がした」。長堀社長が株主名簿を入手すると、見たこともない会社名や個人名がいくつも並んでいた。

 オオカミの群れのように突然…

この記事は有料記事です。残り1773文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
富はどこへ 異次元緩和10年 5つのなぜ

富はどこへ 異次元緩和10年 5つのなぜ

金融緩和とは結局、何だったのか。分かりやすいイラストや専門記者の解説で探るとともに、私たちの暮らしへの影響を検証します。[記事一覧へ]

連載資本主義NEXT 会社は誰のために(全15回)

この連載の一覧を見る