第1回戦死した息子は訪日を夢見ていた 母が感じる誇りと、消えない葛藤

有料記事ウクライナ情勢

キーウ近郊=杉山正
[PR]

 日本文化が好きで、日本に行くことを夢見ていた――。

 キーウ近郊に住むウラジスラワ・クリビツキさん(53)は、長男のボフダンさんが自宅で熱心に日本語を勉強し、街で個人レッスンも受けていたことをよく覚えている。

 家族にも長男は日本語で話しかけてきたため、いくつかの日本語を覚えてしまった。

 22歳の誕生日にはパスポートをプレゼントした。

 だが、パスポートが使われることはなかった。

 「戦争がなければ日本に行っていたはずです」

 激戦地ハルキウ州イジューム近郊で昨年5月、ロシア軍との戦闘中に亡くなった。26歳だった。

ロシアによるウクライナ侵攻から11カ月が経ってもなお、終わりが見えません。ウクライナ政府によると、この侵略によって、昨年12月時点で1万~1万3千人のウクライナ兵が命を落としたといいます。愛する人を戦地に送らざるを得なかった家族たち。夫や父、息子を失った遺族たちを訪ねて歩きました。

 「日本に行くんだから、日本語を学ばないと」

 長男は生前、よくそう言っていた。

 部屋には、日本語のテキストや自作の単語帳が残されていた。

 丁寧なひらがなで「はじめまして」と書かれていた。

 キッチンには東京の夜景が印刷された愛用のマグカップがあった。

 ボフダンさんはキーウ市内の大学を卒業後、2019年にウクライナ軍に入隊を希望した。

見違えるように成長した長男

 「責任ある仕事につきたい」…

この記事は有料記事です。残り1718文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント

連載戦場で死んだあなた ウクライナ兵士の遺族たち(全3回)

この連載の一覧を見る