ネットもスマホもなく35年引きこもり 両親を殺した61歳の告白

有料記事

中山直樹
[PR]

 30年以上にわたって自室に引きこもっていた。同居の両親とも関わりを避け、DVDや漫画を見続ける毎日。

 苦手だった父が認知症になった。話しかけられることが増え、ストレスがたまっていく。

 ある夜、うっぷんが爆発して電気コードを父の首に巻き付けた。その様子を母が後ろから見ていた――。

 福岡市の住宅街にある自宅で、父親(当時88)と母親(同87)を殺害したとして、次男の被告(61)が起訴された。

 昨年12月、裁判員裁判福岡地裁で始まった。

 大学を中退後、定職に就かずに実家で引きこもっていた被告。両親を殺害するまでに何があったのか。裁判でのやりとりから経緯をたどる。

 12月14日の初公判。貸与された緑色の服を着て、裸足にサンダルを履いた被告は認否を問われ、「間違いないです」とはっきりした声で答えた。

大学中退を機に始まった単調な引きこもり生活

 被告は、建設会社の社長だった父と、自宅で酒店を営む母の間に生まれた。

 高校を卒業し、福岡県内の大学に進学。だが、授業の内容に興味が持てず、単位がとれなかった。

 3年生になる前、両親に無断で中退した。

 父は「家を出て行け」と激怒した。母は何も言わなかった。

 弁護人「中退を伝えて父親が怒った時、どう思った」

 被告「途方に暮れて、極力、父と顔を合わせないようにしようと思いました」

 弁護人「一緒に暮らしていれば、顔を合わせざるをえないのでは」

 被告「生活のサイクルをずらして、必要最低限にとどめようとしました」

 被告はその後、会社に就職して営業の仕事を始めたが、半年で辞めた。

 母の酒店を手伝うこともあったが、ほとんどの時間を2階の6畳和室に引きこもって過ごすようになった。

 生活は単調に繰り返された。

 朝5時に起き、両親と会わないよう炊飯器のスイッチを押した。

 食材を冷蔵庫から出し、食事…

この記事は有料記事です。残り2646文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
きょうも傍聴席にいます。

きょうも傍聴席にいます。

事件は世相を映します。傍聴席から「今」を見つめます。2017年9月~20年11月に配信された30本を収録した単行本「ひとりぼっちが怖かった」(幻冬舎)が刊行されました。[記事一覧へ]