作家の加賀乙彦さん死去 長編「宣告」「湿原」など 社会的発言も

有料記事

 「宣告」「湿原」など骨太な長編小説や、刑事司法や医療をめぐる社会的発言で知られる作家・精神科医で、文化功労者加賀乙彦(かが・おとひこ、本名小木貞孝=こぎ・さだたか)さんが12日、老衰のため死去した。93歳だった。葬儀は近親者で営んだ。

 1929年東京生まれ。陸軍幼年学校で敗戦を迎えた。東大医学部卒業後、精神科医に。志願して東京拘置所医務技官となり、死刑囚や無期懲役囚と面接した。57年から3年間フランスに留学し、帰国後は東大助手、上智大教授などを務めた。

 64年、同人誌「犀(さい)」に参加し、創作活動を開始。長編「フランドルの冬」で68年、芸術選奨文部大臣新人賞を受賞した。陸軍幼年学校の少年たちが敗戦で自刃する悲劇「帰らざる夏」で、73年に谷崎潤一郎賞。死刑囚の犯罪から死刑までの心理を追った「宣告」で79年に日本文学大賞。朝日新聞に連載した「湿原」で86年の大佛(おさらぎ)次郎賞。2000年に日本芸術院会員。トルストイ、ドストエフスキーに影響を受け、長編にこだわり、重厚な作品群を残した。

 12年には、日本の歩みと家…

この記事は有料記事です。残り333文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント