おしゃれするのは誰のため? 浮上してきた「推し」という存在

有料記事

甲南女子大教授・米澤泉
[PR]

 ファッション誌の特集に衝撃を受けたのは久しぶりだ。「推しのために可愛くなる!」という見出しが躍るのは「sweet」の2023年1月号。アラサー女性に人気のファッション誌だが、ついにお洒落(しゃれ)もここまできたのかと感慨深い。

 18年に「CLASSY.」というファッション誌が「私たちは、なぜオシャレをするんだろう」という特集を組んだ。その時もファッション誌の存在意義を揺るがすような見出しに驚いたものだが、「CLASSY.」では「服が好きだから?モテたいから?それとも世間体?」という理由が用意されていた。その斜め上を行くのが、「推しのために可愛くなる」である。

 とっくの昔に女性たちはモテ…

この記事は有料記事です。残り593文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント