今冬一の寒波襲来? どうなる都心の初雪 関東の雪予想が難しい訳は

有料記事

宮野拓也
[PR]

 日本列島は来週、今季一番とみられる強い寒気に見舞われ、全国的に寒さが厳しくなりそうだ。東京で雪になるのか、九州などでも降雪があるのか……。少し先のことでもあり不確実ではあるが、天気予報に注意が必要になりそうだ。

 東京都心の初雪は平年だと1月3日。今季はまだ観測されていない。昨季は平年より早い12月26日だった。今季は20日までに雪が降らなければ、2000年以降では07年3月16日に初雪が観測されて以来の遅さとなる。

 ただ、週明けには低気圧の通過により太平洋側でも雪や雨となる見込みで、都心では23日に初雪の可能性がある。

 気象庁の19日時点の予報で、23日の東京は「曇一時雨か雪」。本州の南を通過し太平洋側に雪を降らせやすい「南岸低気圧」の通過が予想されている。しかし、4、5日先で予想にばらつきがあるため、現時点で雪になるかは判断が難しい状況だという。

 雪はいまだに正確な予想が難…

この記事は有料記事です。残り769文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント