#子育て政策聞いてみた@知事選 母親3団体アンケ「声届くんだ」

吉沢龍彦
[PR]

 22日に投開票される山梨県知事選を前に、子育て真っ最中の母親たちが候補者3人に対し、育児や女性支援に関する質問をぶつけた。3人全員から回答が寄せられ、その結果をインターネットで公開している。11項目に及ぶ質問のなかにはかなり突っ込んだ内容もあり、「大事だと思うテーマについて、各候補の考えを知ることができると思う」と話している。

 アンケートを実施したのは、山梨市の母親たちでつくる「こどもみらいlabo(ラボ)」と、県内で子育てを応援する「SSnet(シュシュネット)」、全国で子育て政策に関する働きかけをしている「みらい子育て全国ネットワーク(miraco)」。

 質問項目は「知事候補に何を聞きたいか」をインターネットを通じて募り、100人から寄せられた案をもとに設定した。保育士の配置人数や教職員不足の解消、ジェンダー平等、性教育の推進など、子育てや教育に関する様々な課題が盛り込まれた。

 こどもみらいlaboは4年前に活動を開始。子ども支援の政策などに関し、地方議員との勉強会などを催してきた。

 共同代表の内野清美さんは、6歳、4歳、1歳の3人の子育てで大忙しの中、今回のアンケートに携わった。「なるべく具体的な問いかけをしたい」と考え、県内の子育て環境に関するデータを調べて質問に盛り込み、ジェンダー平等などに関しては研究者の見解も聞いて反映したという。

 「各候補者もしっかり答えてくれたと思う。私たちも、質問案を寄せてくれた人たちも、『政治の世界に声が届くんだ』という手応えを感じた」と話す。

 アンケートの詳細はmiracoのホームページ(https://miraco-net.com/別ウインドウで開きます)に掲載している。ページ内に掲載しているQRコードからもアクセスでき、スマートフォンから見やすくなっている。(吉沢龍彦)

【アンケートの質問項目】

・現職の県政の評価について(100点満点で)

・多様な学びの確保について

・教職員不足・教職員処遇改善

・子どもの医療費給食費義務教育にかかる私費負担

・大学費用・留学費用支援

・子育て費用の所得制限について

・子どもの貧困対策について

・ジェンダー平等について

・性教育の推進と性被害防止について

・保育士配置人数

・その他子育て政策について

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント