ytv中谷しのぶアナを支えた「あつ森」 涙を誘うどうぶつの一言

有料記事

聞き手・照井琢見
[PR]

 各界の著名人が、おすすめの「逸点」を紹介します。読売テレビ「かんさい情報ネットten.」でキャスターを務める中谷しのぶアナウンサー(34)の逸点は、ニンテンドースイッチのゲームソフト「あつまれ どうぶつの森」(2020年発売)。どうぶつたちと無人島ライフを送る作品で、「涙が出そうになった」とか。

なかたに・しのぶ 1988年、兵庫県西宮市生まれ。2011年4月に読売テレビ入社。3年目の13年7月に「かんさい情報ネットten.」サブキャスターに就任。17年1月からメインキャスターを務めている。23年1月より火・水・金曜を担当。

 □ ■ □

おうち時間、前向きに

 コロナ禍の当初、本当に外に一歩も出られませんでした。お酒を飲みに行くのが好きでしたが、「かんさい情報ネットten.」(平日午後4時50分)でキャスターとして感染対策を呼びかける立場で、自分が感染しては元も子もないと。

 そのとき、話題になっていたニンテンドースイッチと「あつまれ どうぶつの森」(あつ森(もり))を買いました。厳しい家だったので「ゲーム機を買って」と言い出せず、今までなじみがなかったけど、この機会にやってみようと思ったんです。

 無人島で、どうぶつたちと暮らすこの作品。見事に夢中になりました。島一つを自分の手で毎日開拓すると、できることが増える。その達成感が、急に始まった「おうち時間」を前向きにさせてくれました。

涙を誘った一言は

 しばらく遊べないときがある…

この記事は有料記事です。残り1150文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント