古典の「お約束」はぎ取る上演に 木ノ下裕一が挑む「桜姫東文章」

有料記事

増田愛子
[PR]

 歌舞伎作品の魅力を、現代の視点で捉えた上演で再発見してきた、「木ノ下歌舞伎」主宰の木ノ下裕一が、鶴屋南北の代表作「桜姫東文章」に挑む。演出には初顔合わせの岡田利規を迎え、自身の監修・補綴(ほてい)のもと、岡田が書き下ろした現代語訳の上演台本で、作品に新たな光を当てる。「チャレンジ」の舞台だ。

 「岡田さんは、分かりやすい意味の、ドラマチックやスペクタクルとは、違う演劇の可能性を、ずっと探っている方。これまでと異なる次元で、歌舞伎の豊かさを引き出してもらえるのではないかと思った」

 「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」(河出書房新社)で岡田が担当した、能・狂言作品の現代語訳を読み、古典作品に向き合う姿勢に「誠実さ」を感じたことも大きいという。

 「能には、風景を描写してい…

この記事は有料記事です。残り906文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】すべての有料記事が読み放題!秋トクキャンペーン実施中!詳しくはこちら