「至高の暗黒シート」できました 可視光の99・98%以上を吸収

有料記事

谷口哲雄
[PR]

 可視光を99・98%以上吸収する「至高の暗黒シート」を、産業技術総合研究所茨城県つくば市)などの研究チームが開発した。その「黒さ」はレーザーポインターの光を当てても吸収されて見えないほどだ。

 産総研などは2019年にシリコーンゴムを使った黒い素材を「究極の暗黒シート」として発表していた。微細加工技術によって表面に深さ数十ナノメートルの目に見えない凹凸をつけてある。光が凹凸の内部で反射を繰り返すうちに次第に弱まっていく仕組みだ。

 「究極」のシートは可視光で吸収率99・5%以上(反射率0・5%以下)を達成していたが、さらなる向上をめざし、カシューオイル黒色樹脂に行き着いた。カシューナッツの殻から抽出される漆に似た素材で、塗料として市販されている。

 シリコーンゴムでは、黒く着…

この記事は有料記事です。残り462文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント