尾身会長の交代求める声、でも「踏み切れなかった」 結局頼った政府

有料記事新型コロナウイルス

阿部彰芳 小木雄太
[PR]

 新型コロナウイルスの感染が国内で確認されてから3年がたった。岸田文雄首相は20日、「ウィズコロナ」に向け、感染症法上の位置づけを今春、季節性インフルエンザなどと同じ「5類」に引き下げる考えを表明した。その際、強調したのは「専門家」。これまで専門家に議論の深掘りをお願いし、専門家有志から考え方も示してもらい、5類とする方向で専門家に議論していただきたい――。首相はこう語ったが、政府と専門家の間にはたびたび摩擦が生じていた。

 昨年9月16日、政府の新型コロナウイルス対策分科会が開かれた。「異変」は終了後に行われた尾身茂会長による記者説明で起きた。

 開始から約30分、事務局を担う内閣官房の担当職員が突然、終了を告げた。尾身氏への質問は続いていた。それまでは、質問が尽きるまで尾身氏が答えるのが通例。1時間を超えることもあった。

 「今後も30分で打ち切るのか」「説明の場を大切にしてほしい」。会場は記者の訴えで騒然となり、尾身氏は演台に戻ろうとした。

 「先生……」。職員が呼び止め、左手をすっと出口の方に伸ばした。「まあ、じゃあ、私はそういうことで」。尾身氏は退出した。

 内閣官房新型コロナウイルス等感染症対策推進室(コロナ室)の担当者は別の記者会見でその部屋を使う予定があったからと説明した。しかし、その開始まで30分あった。ある幹部は「自分の意見を言いたいなら、別の場所でやればいい」と話した。

 なぜ、このような事態になったのか。背景には政府と尾身氏ら専門家の対立があった。

 記者説明が打ち切られる10日前の9月6日、岸田文雄首相は記者団に対し、自宅療養期間の見直しなどの新たな方針を発表した。「政治判断の理由を説明してほしい」。記者から問われると首相は気色ばんだ。「これは決して政治判断ではなく、専門家の意見もしっかり踏まえた上での判断だ」

 尾身氏の見解は違った。首相…

この記事は有料記事です。残り1873文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

  • commentatorHeader
    鈴木一人
    (東京大学大学院教授・地経学研究所長)
    2023年1月22日12時42分 投稿
    【解説】

    専門家と政府の間の関係は当初から大きな問題であったが、諸外国で社会経済的な要請から感染対策緩和が一般的になる中、日本だけが専門家の意見に基づいて厳しい措置を取るということはできない、という判断も働いたのであろう。しかし、感染対策は各国ごとに

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[もっと見る]