藤井聡太王将、1時間22分の長考も 羽生善治九段が挑戦の第2局

佐藤圭司
[PR]

 将棋の藤井聡太王将(20)=竜王・王位・叡王・棋聖と合わせ五冠=が挑戦者の羽生善治九段(52)に先勝して迎えた第72期王将戦毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催)七番勝負第2局の1日目が21日、大阪府高槻市の「摂津峡花の里温泉 山水館」で指された。2日制で、持ち時間は各8時間。22日午前9時に再開し、夜までに終局する見通し。

 来秋に関西将棋会館の移転が予定される「将棋のまち」高槻での決戦。羽生挑戦者の先手番で午前9時に対局が始まった。戦型は近年、プロ間で盛んに指されている「相懸(あいが)かり」に。藤井王将が1時間22分の長考をする場面もあった。羽生挑戦者が61手目を「封じ手」にして1日目が終わった。消費時間は羽生挑戦者2時間56分、藤井王将4時間24分で、1日目は藤井王将が羽生挑戦者より1時間半ほど多く消費した。

 藤井王将は王将の初防衛を、羽生挑戦者は通算100期目のタイトル獲得を目指す、注目のシリーズだ。(佐藤圭司)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント