挑戦者の羽生善治九段が藤井聡太王将に勝利 王将戦、1勝1敗タイに

有料記事

佐藤圭司
[PR]

 将棋の藤井聡太王将(20)=竜王・王位・叡王・棋聖と合わせ五冠=に羽生善治九段(52)が挑戦している第72期王将戦七番勝負(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催)の第2局は22日、大阪府高槻市の「摂津峡花の里温泉 山水館」で2日目が指し継がれ、先手番の羽生挑戦者が101手で勝った。シリーズ成績は両者1勝1敗となった。第3局は藤井王将が先手番で28、29の両日に金沢市の「金沢東急ホテル」で指される。

 第1局では後手番の羽生挑戦者が「一手損角換わり」というやや珍しい作戦を選んだが、第2局の戦型は現在、プロ間で盛んに指されている「相懸(あいが)かり」。先手の羽生挑戦者が序盤から積極的に攻め、藤井王将が長考する場面も目立った。2日目午後、羽生挑戦者のリードが広がったと見られたが、藤井王将も猛反撃。最後は藤井王将の連続王手に対し、羽生挑戦者が正確に応じ続け、勝ちきった。

 終局は22日午後5時56分。来秋に関西将棋会館が移転予定の「将棋のまち」高槻での決戦は、「平成のヒーロー」羽生挑戦者が、「令和のスター」藤井王将相手の熱戦を制した。

 終局後、勝った羽生挑戦者は…

この記事は有料記事です。残り358文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント