• アピタル

脳の認知機能低下「隙間」がカギ? 高齢者千人超の画像を解析すると

有料記事

杉浦奈実
[PR]

 認知機能の低下には、脳の周りの「隙間」が関係していると、熊本大や近畿大、大阪大などのチームが明らかにした。脳そのものの変化だけでなく、その周りの変化も併せて見ることが、老化による脳機能の低下を予防する方法の開発につながる可能性がある。

 論文が米国の専門誌「Fluids and Barriers of the CNS」に掲載された。(https://doi.org/10.1186/s12987-022-00381-5)

 チームは、熊本県荒尾市内の65歳以上で、認知症ではない1356人の脳のMRI画像を解析。脳の周りや隙間を満たす「脳脊髄(せきずい)液」がある場所の体積を測るとともに、認知機能との関連も調べた。

 すると、大多数の人では加齢に伴って、脳のてっぺんからやや後ろにある「高位円蓋(えんがい)部・正中部くも膜下腔」と呼ばれる隙間が狭くなっていくことがわかった。脳の内側にある「脳室」は広くなっていた。

 熊本大病院神経精神科の日高…

この記事は有料記事です。残り518文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(春トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

春トク_2カ月間無料