失いかけた声、思い出した夢 「映画がライブになる」カツべンの魅力

有料記事

照井琢見
[PR]

 無声映画を軽妙な語り口で説明する活動写真弁士。大森くみこさんは日本に15人ほどと言われるプロの弁士のひとりで、関西を拠点に活動している。

無声映画に命を吹き込む

 「本日はにぎにぎしくもご来場の栄(えい)を賜り、厚く厚く御礼申し上げます」

 スクリーンの下手に陣取り、観客の目の前で無声映画に命を吹き込む。マイク片手に小気味よく、主演や助演のセリフを語り、実況に解説、ときにはツッコミまで。

 「カツベン」を支える活動写真弁士の役割は、作品の中でくるくる変わる。「しゃべり手として、こんなに面白い芸能はないと思います」

俳優を志したが

 兵庫に生まれ、京都と大阪で育った。大学時代は東京で、舞台俳優を志したこともあったが、「貧乏しながら続ける自信がなかった」。卒業して大阪に戻り、職を転々とした。

 人前でしゃべるのが好きで、コミュニティーラジオでレギュラー番組を持った。

俳優の夢を諦め、おしゃべりの仕事へ。「もう諦めたくない」と踏ん張るも、声が出ない。大ピンチで思い出したのは、古くて新しいエンタメ「カツベン」へのあこがれだった。

後悔することは何か

 しかし、30歳を過ぎて急に…

この記事は有料記事です。残り725文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント