「庶民の味方」だった第3のビール、二十歳の憂鬱 この秋に増税へ

有料記事

山下裕志
[PR]

 普通のビールより安い価格で広まった「第3のビール」が曲がり角を迎えている。特長だった値頃感は薄れつつあり、昨年は3年ぶりにビールの販売量に負けた。今年秋にはさらに増税され、同じ時期に減税で安くなるビールとの価格差はより小さくなる。登場から20年の「庶民の味方」はどこに向かうのか。

 第3のビールは、サッポロビ…

この記事は有料記事です。残り1213文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント