優等生がツムツムばかり… 琴勝峰を反抗期から復活させたライバル

有料記事

安藤仙一朗
[PR]

 22日に幕を閉じた大相撲初場所(東京・国技館)。終盤の土俵を盛り上げたのは、東前頭13枚目の有望株だった。

 23歳の琴勝峰(佐渡ケ嶽部屋)だ。

 自己最多の11勝を挙げて迎えた千秋楽。1場所15日制以降で初めて、平幕力士として相星決戦に挑んだ。結びで大関貴景勝に敗れ、優勝はならなかった。それでも、口ぶりは、どこかすがすがしかった。

 「最後まで優勝を争えたのは良い経験。精神力も地力も、まだ全然足りない」

 取組後のインタビューでは、いつだって相撲内容を冷静に振り返る。まさに「優等生」。その姿は、恩師が語る子どもの頃の印象そのままだ。

 「背が高く、スラッとしていて運動神経が良い。口数は少ないけど、真面目だし言われたことはすぐできるようになった」

 「柏相撲少年団」で小学4年から中学3年にかけて6年間指導した永井明慶監督(40)は、そう語る。

 優秀ぶりは、相撲に限った話ではない。絵を描くのが好きで、達筆。中学時代の学業成績はオール5だった。一緒に稽古に通っていた4学年下の弟の面倒もよく見ていたという。

 ポーカーフェースは当時から。ただ、永井さんには「顔には出さないけど、相撲が好きなんだな」と感じることがあった。

 琴勝峰が小学5、6年の頃だ。

 角界では、野球賭博に八百長…

この記事は有料記事です。残り1024文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント