教団との関係、説明避け続ける細田氏 公開の場で説明責任を果たせ

有料記事

国会取材キャップ・岡本智
[PR]

 細田博之衆院議長は世界平和統一家庭連合(旧統一教会)との関係をめぐる再説明で、安倍晋三元首相と教団が昔から関係が深かったと証言した。しかし、具体的な関係性ははっきりしない。密室ではなく、記者会見など公開の場で堂々と説明しなければ、実態解明にはつながらない。

 細田氏は、教団との関係の深さが指摘される自民党最大派閥の清和政策研究会(安倍派)の元会長。教団と自民党との関係を知りうる立場だ。この日、一定の説明をしたが、十分とはいえない。安倍氏と教団の関係も改めて問われることになる。

 昨年の臨時国会に続いて、野…

この記事は有料記事です。残り430文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
旧統一教会問題

旧統一教会問題

2022年7月8日に起きた安倍晋三元首相銃撃事件をきっかけに、旧統一教会の問題に注目が集まっています。特集ページはこちら。[記事一覧へ]