孫と祖父母が一緒にできるスポーツが米国で人気沸騰 社会問題にも

有料記事

ニューヨーク=遠田寛生
[PR]

 近年、スポーツ大国の米国を席巻する競技がある。「ピックルボール」。屋内外で幅広い年齢層がプレーでき、新型コロナウイルスの感染拡大を機に爆発的に人気が出た。競技人口が急増し社会問題にもなった。(ニューヨーク=遠田寛生)

 昨年10月20日、会社員のリディア・ハートさんはニューヨーク・マンハッタンの運動公園で「アフター5」を過ごしていた。

 テニスを縮小したようなコートで、ペアの女性とひたすら黄色いプラスチック製のボールを追いかける。

 「私が打つ!」。そう叫ぶと右手でパドル(ラケット)を振り切った。

 「カコーン!」という軽やかな音が響き、ボールは相手コートの男性の足元を抜けていった。

 参加していたのは女子ペア対男子ペアのダブルス。白熱する試合に、スーツ姿で公園を横切っていた中年男性も足を止めていた。

 この日は8人が参加していた。知り合いではない。「午後からやりませんか」というSNSへの呼びかけを通じて集まった。男性の1人は通りすがりだ。

【動画】プロピックルボール協会(PPA)ツアーでプレーする選手たち=同協会提供

 最近は空いた時間の多くをピックルボールに費やすというハートさんが競技を始めたのはコロナがきっかけだ。

コロナ禍で人気急上昇の理由

 2020年、仕事がリモート…

この記事は有料記事です。残り2150文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント