元南海の門田博光さん死去 プロ野球史上3位の通算567本塁打

 プロ野球の南海ホークス(現ソフトバンクホークス)などで活躍した左の強打者で、史上3位の通算567本塁打を放った門田博光(かどた・ひろみつ)さんが亡くなっていたことが24日、わかった。74歳だった。

 天理高(奈良)からクラレ岡山をへて、1969年秋のドラフト会議で2位指名で南海入団。2年目に打率3割、31本塁打をマークするとともに、120打点で打点王を獲得した。右足を高々とあげる一本足打法で本塁打を量産し、パ・リーグの看板打者になった。

 79年のキャンプで右アキレス腱(けん)を断裂。再起不能といわれながらもフルスイングを貫くスタイルは変えず、翌年、41本塁打を放って復活。81年には44本で初の本塁打王となり、87年には通算2千本安打を達成した。40歳の88年には44本塁打、125打点でタイトル二つを獲得し、プロ最年長での最優秀選手にも輝いた。巨体をいかした豪快な一本足打法で魅了し、「中年の星」と呼ばれた。

 88年に南海が球団譲渡してからはオリックスと南海の後身ダイエー(のちにソフトバンク)で2年ずつプレーし、92年に現役を引退。プロ23年で出場2571試合、2566安打、打率2割8分9厘、567本塁打、1678打点。06年に野球殿堂入りした。

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント