安倍元首相と旧統一教会は「大昔から関係が深い」 細田氏が認識示す

有料記事

松山紫乃
[PR]

 細田博之衆院議長は24日、議長公邸で与野党の代表者と面会し、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)と自身との関係をめぐり、国政選挙での教団票の差配について「一切ない」と否定した。一方、安倍晋三元首相と教団については「大昔から関係が深い」との認識を示した。面会は非公開で行われ、野党が求めていた記者会見には「議長の立場でふさわしくない」との理由で応じなかった。

 細田氏は2021年11月、安倍氏に自民党最大派閥・清和会(現安倍派)の会長を引き継いだ。議長就任に伴い、自民会派を離脱している。安倍氏に近い要職の経験者が、安倍氏と教団の近さを国会に認めたのは初めて。面会は懇談形式で約1時間行われ、1分間の冒頭撮影のみ記者団に公開された。その後、衆院議院運営委員会の各会派の代表者6人がそれぞれ数分間質問し、細田氏が説明する形で進められた。

 面会後、取材に応じた野党側の出席者らによると、細田氏は19年10月、教団の韓鶴子(ハンハクチャ)総裁が出席した会合で「会の内容を安倍総理にさっそく報告したい」と述べた動画がインターネット上で拡散していることについて説明。「(教団が)安倍総理と近い団体と知っていたので、リップサービスとして言った」と認めた。実際には、安倍氏には報告しなかったとした。

安倍氏と教団の関係を「長い間に実感していた」

 教団との関係で、派閥として…

この記事は有料記事です。残り875文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
  • commentatorHeader
    江川紹子
    (ジャーナリスト・神奈川大学特任教授)
    2023年1月25日11時58分 投稿
    【視点】

     国権の最高機関たる国会。それを代表する衆院議長の立場を、自分を守る盾として私物化しているのではないか。細田氏の対応を見ていると、そんな疑念が湧いてくる。  自民党の調査の対象外となり、野党やメディアから説明を求められても文書での対応にと

  • commentatorHeader
    藤田直央
    (朝日新聞編集委員=政治、外交、憲法)
    2023年1月25日8時2分 投稿
    【視点】

    自身は旧統一教会と関係が深くないと弁明するために、関係が深いのは故安倍元首相だと語り、かつて自身が参加した教団会合で「内容を安倍総理にさっそく報告したい」と言ったのは教団への「サービス」であって本当は報告していないと語る――。  しかもこ

旧統一教会問題

旧統一教会問題

2022年7月8日に起きた安倍晋三元首相銃撃事件をきっかけに、旧統一教会の問題に注目が集まっています。特集ページはこちら。[記事一覧へ]