「特別扱い」細田氏に初質疑 教団との関係否定、野党は対応分かれる

有料記事

中田絢子 白見はる菜 神沢和敬
[PR]

 沈黙を続けてきた細田博之衆院議長が24日、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)との接点について、非公開の場で初めて与野党各会派の質問に答えた。「やましいような付き合いではなかった」と語り、政策への影響や教団票の差配については否定した。各会派の質問が事前に細田氏に通知されていた今回の「懇談」によって、今後公の場で説明することはしないで区切りにしようとしている。

 これまで自らの言葉で公には語ってこなかったことで焦点になっていたのは、細田氏と教団との関係だ。関係の深さが指摘されてきた自民党最大派閥の清和政策研究会(安倍派)の元会長で、これまでの文書による説明では教団関連団体の会合への出席8件や会合への祝電の送付3件などを認めている。教団トップ韓鶴子(ハンハクチャ)氏が出席した会合に出ていたことも明らかになっている。

 そんな教団との関係をめぐる疑惑について、細田氏はこの日次々と否定した。

 出席者によると、支援の見返…

この記事は有料記事です。残り847文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
旧統一教会問題

旧統一教会問題

2022年7月8日に起きた安倍晋三元首相銃撃事件をきっかけに、旧統一教会の問題に注目が集まっています。特集ページはこちら。[記事一覧へ]