生きもの育てた経験、我が子に通ず 新米ママパパ飼育員が語る子育て

有料記事

大蔦幸
[PR]

 生きものたちの子育ては、我が子の子育てに通じるところがいっぱい――。

 大阪府吹田市エキスポシティにある、生きているミュージアム「NIFREL(ニフレル)」。ここで生きものの誕生や成長を見守ってきたキュレーターが、自身の子育てと重ね合わせた体験談などを語る催しが28日、開かれる。題して「生きものもわが子も リアル子育て事情」。

 話をするのは、1歳の子がいるキュレーターの北あかりさん(28)と0歳の子がいる澤峻介さん(30)。

 ケープペンギンやミニカバ、アメリカビーバーなど、同館の様々な生きものを世話してきた2人が、自身の子育てとはどう向き合っているのか。生きものの飼育経験が、自身の子育てに生きているのか、いないのか、などを楽しく語る。

 企画したのは、同館広報の西前綾子さん(48)。西前さんにも5歳の子がいる。自身の出産を経て、ニフレルにいる生きものたちの子育てが、我がことのように感じるようになった。

■「わかる、わかる」…

この記事は有料記事です。残り1170文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント