出発日に引退聞いた 組むはずだった16歳が語る国枝への敬意と本音

有料記事

メルボルン=堤之剛
[PR]

(24日 テニス全豪オープン車いす部門男子シングルス1回戦 小田凱人2―0ケーシー・ラッツラフ)

 あこがれのあの選手は、この舞台にいない。

 少し胸に残る喪失感。

 そんな心境をみじんも感じさせないような全豪オープンデビューだった。

 テニスの4大大会全豪車いす部門男子シングルス1回戦に期待の16歳が24日、コートに入った。

 2022年にプロに転向した愛知県一宮市出身の小田凱人(ときと)。

 世界ランキング3位のサウスポーは、工夫したサーブに、力のあるショットを繰り出す。

 雨の中断もあった第1セット。1ゲームしか落とさずに同15位のケーシー・ラッツラフ(米)を圧倒した。

 第2セットこそ競り合ったが、1時間23分で決着をつけ、2回戦に勝ち上がった。

 「第2セット、どうしても少し気が抜けてしまう部分もあった。そこは次の試合に向けて修正していかないといけない」

 試合後の記者会見では鋭いまなざしで反省が口をついた。

 この全豪のダブルスは、ある先輩と組んで出場する予定だった。

 車いすテニス男子シングルス4大大会28度、パラリンピック3度優勝の国枝慎吾

 小田が22年秋ごろにペアを願い出た。結成する見込みだった。

 ところが、出発日。

 国枝から告げられた…

この記事は有料記事です。残り1037文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント